1. 物忘れ
  2. 認知症
  3. ≫認知症と音楽療法の効果

認知症と音楽療法の効果

認知症の症状は物忘れや徘徊だけでなく、様々な症状があります。認知症については現在では症状が出る以前の状態に戻る方法は見つかっていません。しかし機能訓練や音楽療法などで認知症の進行を遅らせ、症状を緩和することなどが期待できます。認知症の症状が和らぐことは本人のためにも有意義であるだけでなく、介護する側にとっても負担を減らすことができるというメリットがあります。

音楽療法で期待できる効果として挙げられるのがまず、身体的機能の向上です。音楽療法ではダンスをしたり、歌ったりしますから、足腰が強くなったり、物を飲み込む嚥下機能が良くなるなどの効果があります。また、口を使うことで発音なども良くなり、家族間のコミュニケーションが以前よりもしやすくなるということもあるようです。

次に音楽療法で期待できる効果が脳のリラックス効果や血流の改善です。認知症になると介護者だけでなく、患者さん自身も強い不安に襲われます。このようなことからうつ状態や、介護者に暴力的になったり、パニックを起こすこともあります。これらの精神的ストレスは本人の認知症の症状を悪化させてしまうだけでなく、介護者の大きな負担ともなります。音楽療法では脳の血流が改善されたりすることで、徘徊や精神的不安定さなどの症状が緩和されることが報告されています。

音楽療法を行うプロはというとまだ日本には少ないのですが、これらを専門的に実施している企業などもありますので問合わせてみてもいいかもしれません。またリラックスできる音楽だけでなく、本人の昔好きだった歌や、懐かしい歌などを聴いてみることも良い効果が期待できるということです。また、本人と一緒に歌うことで介護される人と介護者側の関係が以前より良くなったり意志疎通がスムーズに行くということも考えられるでしょう。

ではどんな種類の音楽が良いかと言えば、本人の個性や今までの生活によって好む音楽も異なるため、一概にはどれが良いとは言えませんが、例えば認知症に良いとされている音楽としては、モーツァルトやオルゴールなどは、脳からアルファー波が出るのを助け、活性化させる働きがあるとされています。また聴くだけではなく、タンバリンや太鼓、カスタネットなどを使ってリズムを取りながら歌ったりすることも良い効果が期待できるようです。どの音楽が良いと最初から決めるのではなく、本人とコミュニケーションを取りながら一番良い音楽の種類を探してみることが必要でしょう。

認知症についてはまだ治療法が確立されていませんが、ニュースなどを見ると介護疲れや認知症に関わる事件も数多く見受けられます。治療法が見つかることが最良ではありますが、現段階でできる一番大切なことは、本人と介護者の負担を少しでも軽くすることでしょう。認知症の症状で悩んでいる方にはぜひ音楽療法を取り入れて、介護者、介護する側共に精神的な疲れや不安を緩和できるようになっていただきたいと思います。