物忘れに効果的なDHAを酸化させずに摂れるサプリメント!

 

物忘れを改善するDHA・EPA摂取量

1日のDHA・EPA摂取目安量は1,000mg。

そのうちサプリメントによるDHA・EPAの摂取目安量は500mgです。

これは、クロマグロの赤身の刺身、約5人前分になります。

 

1位:きなり

「きなり」は、物忘れを解消するためのサプリメントです。

物忘れに悩む年代にオススメなのが「きなり」。世界に認められたモンドセレクション最高金賞を受賞した商品なので効果は折り紙つき。有効成分「DHA・EPA」が物忘れの原因となるアミロイドに働きかけ、「ナットウキナーゼ」が血液をサラサラにしてくれます。そのため、物忘れを改善したい人に大人気の商品です。そんなきなりのポイントを詳しく解説していきます。

物忘れは「きなり」で解決

きなり

販売元 さくらフォレスト株式会社
原材料名 DHA・EPA含有精製魚油、クリルオイル、納豆培養エキス、ビタミンE含有植物油(大豆由来)、ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、オレンジ香料、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6
DHA含有量  450.8mg
EPA含有量  49mg
内容量 1袋120粒(約1ヶ月分)
1日の目安 4粒
価格(税込) 通常価格6,150円→特別モニターコース初回1,980円(67%オフ)
定期コース2回目以降は4,093円(33%オフ)でお届け。
※15日返金保証あり
送料 無料
支払い 郵便振替・コンビニ、代金引換、クレジットカード

厚生労働省による1日のDHA・EPAの摂取目安量は1,000mg。
そのうちサプリによるDHA・EPA摂取目安量は500mg。

「きなり」は累計46万個の販売実績があり、リピート率は96.3%。率厚生労働省のかかげる摂取目安量も満たす数少ないサプリメントです。

公式サイトはこちら

 

アルツハイマーや物忘れにDHA・EPA

DHA・EPAの配合量がトップクラス!

ナットウキナーゼ成分で血液もサラサラ!

アスタキサンチンがDHA・EPAの酸化を防ぐ!

公式サイトはこちら

 

2位:DHA&EPAオメガプラス

100円あたりの配合量は、665mg! アスタキサンチンでDHA・EPAを酸化から守り、製造もGMP認定を受けた工場で製造しています。

3位:さかな暮らし

EPA600mg・DHA260mg配合のサプリメント。

「さかな暮らし」は「EPA600mg・DHA260mg」を機能性関与成分としています

 

物忘れとアルツハイマーの違い

物忘れとアルツハイマーは違うものです。
年を取るにつれて物忘れをすることが増えますが、時間をかければ思い出すのが普通です。
一方、アルツハイマーでは時間をかけても思い出すことができません。

以下にあてはまる場合はアルツハイマーの疑いがあると考えられます。

1.人の名前が思い出せない。

ちょっとした知り合いの名前を思い出せない程度であれば加齢による通常の物忘れと言えますが孫の名前や家族の名前も思い出せない場合にはアルツハイマー病かもしれません。

2.度忘れ。

度忘れは誰にでも起こりますが、同じ事を何度も忘れてしまう場合には
一度医師に相談してみた方が良いかもしれません。
同様に、物の名前が出てこないのも普通のことですが、物の名前を間違えるという場合には注意が必要です。

3.物を変なところにしまう場合。

忙しいときに不適切な場所に物をしまってしまうことはありますが、例えば紙パックの牛乳を洗濯カゴに入れてしまうような場合はアルツハイマー病が疑われます。

4.昔は自然に出来ていたことをするのに、いちいち考え込んでしまう場合。

トースターやミキサーのようないつも使う簡単な機械の使い方を思い出せなかったり
洋服の着替えができなくなった場合など、自然に出来てたことが急に出来なくなったときなどはアルツハイマー病を疑った方がいいかもしれません。

5.道を間違えてしまう場合

何年も住んでいる馴染みの地域で道に迷うのは単なる加齢による健忘とは言いづらく
注意が必要です。

6.集中力、学習能力の衰え

加齢によって集中力や学習能力が衰えてしまうケースもありますが、集中力や学習能力が完全に欠如してしまってる状態であれば、アルツハイマー病の兆候と考えられます。

7.家計を考えずに買い物してしまう場合

通信販売で無駄遣いをすることが頻繁に続いたり、分不相応の大金を募金したりする等
家計の収支を考えずに過度の出費を続けてしまうのもアルツハイマーの兆候と考えられます。

8.会話のトラブル

言いたい事を表現するために適切な言葉が見つからないことは誰にでもあることですが
会話をしているのに会話をしてることに気づいていなかったり、一度述べたことを何度も繰り返してしまう場合は危険な兆候と考えられます。

9.体験したことを忘れてしまう場合

旅行の内容などを部分的に忘れてしまうことは正常ですが、旅行に行ったこと自体を忘れてしまう場合はアルツハイマーの疑いが強いと考えられます。

今日何月何日なのか、何曜日なのか、今年は何年かを覚えていない場合など根本的な事項を認識できない場合もアルツハイマーの疑いが強いと言えます。

その他に、読み書き能力が著しく衰えてしまう場合や社交的な活動を異常に嫌がるようになってしまったり機嫌や性格が明らかに以前と違う、妄想や幻覚、徘徊が増えるなどもアルツハイマー病の兆候と考えられます。

物忘れとアルツハイマーの線引きがとても難しいですが、前に比べて大きく変わってしまったことがあったときや変化を敏感に感じ取ることで、何か異変を感じたときに医師に相談したりすることで、症状を緩和させることができるのではと考えます。

現段階では効果的な予防法はなく、生活習慣病などと違い規則正しい生活習慣を心がけていてもかかってしまうことがあるのがアルツハイマー病です。

予防方法がないため、定期的な検査や早期発見することがアルツハイマー病を進行させない最善策と考えます。

 

物忘れは運動不足によっても引き起こされやすい

物忘れというと、主に高齢者において加齢とともに症状が出やすくなるものと思われています。

しかしながら物忘れは高齢者のみにとどまらず、実は年齢は関係なく若年層でも一定の条件がそろえば起きやすくなることが明らかになっています。

特にアルツハイマーをはじめとする病気による物忘れは人によっては20代でも発症することがあり、初期の症状として物忘れがひどくなるということが挙げられます。
物忘れに関しては加齢による脳の衰えが最大の原因ではありますが、他にも原因となるものがあります。

例えば病気やけがなどによってしばらく体が動けなくなった場合、運動不足になってしまい、比較的年齢が若い人でも物忘れが多くなって日常生活に支障が出ることがあります。
若年層の物忘れは仕事や学業などに影響を及ぼすこともあり、深刻な状況に陥ることもしばしばです。

また特に女性の場合妊娠中に切迫流産や切迫早産になってしまうなどして長期入院をしたりすると、ほとんどの場合がベッド上で安静にしている場内なので自ずと運動不足になってしまいます。

そしてその状態のまま出産していざ育児をしようとしても運動不足によって引き起こされた物忘れの影響で、思うように育児ができない状態になってしまうのです。
産後に物忘れがひどい状態になると思うように育児ができなくなってしまい、産後うつを併発してしまったり最悪の場合育児放棄や虐待のきっかけになってしまうこともあるので、特に注意が必要になってきます。

さらに物忘れに関しては、同じような年齢の高齢者でも運動を定期的にしている人と運動不足の人では、明らかに運動不足の人の方が物忘れがひどいです。

なのでどの年齢層でも物忘れが最近気になってきたとか、物忘れをできるだけしたくないという場合には、一度自分が慢性的な運動不足に陥っていないかどうかを確認して、何らかの対策を取ることが重要になってきます。

状況によっては自分自身が物忘れがひどい状態になっていることに気づかないこともあるため、周囲に指摘されたら一度どれくらいの頻度で物忘れをしているのかをチェックすることも重要になってきます。

物忘れに関しては、あまりにもひどい症状の場合はもう認知症やアルツハイマーを発症しているかもしれないと予測して専門の医療機関を受診するのが望ましいことです。
しかし時々物忘れをするという程度で本格的に生活に支障が出ていない状態であれば、まだ脳の機能が回復する可能性は十分にあります。

自分で物忘れの症状を改善するには、何よりも運動をすることが大切です。

そして定期的に運動することで脳が刺激され、認知症やアルツハイマーになってしまうことなく物忘れを解消することも十分にできます。

逆に物忘れがひどいことを嘆くばかりで運動をするなどの対策をしなければ、本格的に物忘れをしてしまったり認知症やアルツハイマーになったりして取り返しのつかない状態になることもあるのです。

物忘れの症状に気づいたらとにかく早めに対策を取ることが大切なのです。

認知症予防のためにできることとは

誰しもが認知症にはなりたくないと思いますが、今のところこれをしたら完全に防げるということはまだまだ明らかになっていません。
しかし認知症予防に効果のある生活をすることによって、認知症になるリスクを減らすことができます。
ではどういったことが認知症予防に効果があるのでしょうか?

1.食生活に気をつける

脳血管性の認知症は、生活習慣病と密接な関わりを持っています。
生活習慣病になりにくい食生活をすることで、物忘れや認知症になりにくい体を作ることができます。

具体的には和食が良いと言われています。
なぜなら和食には生活習慣病を防ぐ食材がたくさん含まれているからです。
青魚、大豆製品、緑黄色野菜などバランス良く摂取するように心がけるようにしましょう。

食生活が欧米化していることによって、摂取カロリーがオーバーしてしまい、動脈硬化を引き起こしている原因となってしまう
こともあります。
3食きっちりと食べる、ゆっくり噛んで食べる、栄養バランスに気をつけるようにしたいですね。

2.運動習慣をつける

認知症を予防するために食生活と同じように大事になってくるのが運動です。
特にウォーキング、水泳、エアロバイク、ヨガといったような有酸素運動は、酸素を取り込みながらできる運動であり、脳の血流を良くして認知症予防に効果がありあmす。

週に3回程度1回につき40分程度行うことにより、脳の血流予防だけではなく、高齢になると弱ってくる筋力の維持、肥満防止にも効果があるので良いことだらけですよ。
運動をすることを楽しむことによって、ストレス解消にもつながります。

3.人との交流機会を作る

高齢になるとついつい出かけるのが億劫になり、人と交流する機会が減ってしまうという人が多く見受けられます。
しかし家の中でいつも同じようなパターンで生活をしていると、どうしても脳に与える刺激が弱くなってしまいます。

外出することで人と関わり、そこで会話が出てきます。
人と出会う機会があれば、ある程度身なりをきれいにしようという気持ちも出てきますし、特に女性は服装を気にしたり化粧をしたりと気をつけるものです。

そういった気持ちを維持できるということが大事ですし、人と関わり刺激を受けること、程よい緊張感を得ることは認知症予防の為には大事になってきます。
老人会、ボランティア活動、趣味を通した活動など何かを通して、社会と関わっていく機会を持つことが重要です。

4.生きがいを持つ

高齢になっても自分がこれをしていて楽しい、人の役に立っているという生きがいを持つことが脳を活性化させ、物忘れや認知症の予防につながります。
高齢になって時間できたけれども打ち込むものがないという生活をしている人は、認知症になるリスクが上がってしまいます。

自分が打ち込めるものを見つけて楽しむことを心掛けるようにしましょう。
その中でも頭を使う趣味は、脳を活性化することが知られています。

クロスワードパズル、囲碁将棋なども良いですし、女性の場合は手芸や料理といったことでも良いです。
生きがいを持つことによって、認知症予防ができるので自分には何があるかなと探してみてください。

このように物忘れや認知症を予防する為に良いと言われている方法はいくつかあります。
完全に防げるというものではありませんが、認知症を防ぐために気をつけていきたいものですね。

サプリメントで補う

物忘れに悩む年代にオススメなのが「きなり」。

「最近物忘れがひどくなった…」
という40代~60代に、とても人気なサプリメントです。

有効成分「DHA・EPA」が物忘れの原因となるアミロイドに働きかけ、「ナットウキナーゼ」が血液をサラサラにしてくれます。そのため、物忘れを改善したい人が選んでいる大人気の商品です。

公式サイトはこちら